床作業は腰にきます–

施工日:10月13日 天気:曇り

施工現場:神奈川県横浜市西区 1K
施工内容:フロアタイル貼(既存じゅうたん⇒フロアタイルに変更)

今日の現場は、間取り1Kで床のフロアタイル張りです。
洋間には現状ではラバー付きのじゅうたんが張ってあるので、はがしてからフロアタイルを張ることになります。

じゅうたんの表面部分は簡単にはがれるのですが、ラバーの部分は接着剤でがっちり接着されているので、床に残ってしまいます。
ラバーは全てはがして平にしないと、フロアタイルがきれいに張れないので、残ったラバーを電動のはがし機器を使ってはがしていきます。
ちょうどTVなどで見るような、羊の毛を刈るような感じでラバーをはがしていきます。

午前中で全てのラバーをはがして、傷んだ箇所はパテで平らにして下地処理まで進めました。
午後からフロアタイルを張り出して夕方には張り終えたのですが、床仕事はずっと屈み腰での作業なので腰が少し痛くなりました–