ホルムアルデヒドのお話

ホルムアルデヒド(ホルマリン)はシックハウス症候群や発ガン性の原因物質の一つです。
主に接着剤などに含まれている化学物質です。

しかし、建築資材である建具・壁材・床材・壁紙等には、
平成15年7月に施行された改正建築基準法で、シックハウスの原因とされる化学物質のうちホルムアルデヒドの住宅への使用が規制されることになりました。

建築資材にはホルムアルデヒド放散量等級F☆☆☆☆を認定されている製品のみ制限がなく使用可能です。
日本メーカーの壁紙・壁紙糊はすべてF☆☆☆☆を認定されています。
正し、F☆☆☆☆の製品だからといってホルムアルデヒドの含有が0というわけではありません。(国が定める健康に問題ない値以下です)

また、建築資材以外の家具や雑貨には、法律でホルムアルデヒドの使用制限がありませんので、
(近年ではマニキュアからホルムアルデヒドが検出されて販売中止となったことがありました。)

何日も玄関の開け閉め程度では不十分ですので、
24時間換気が取り付けられていない住宅にお住まいの方は
適度な換気を行ってみてください。(空気の入れ替え程度で、室内環境は改善できます。)